ソノひびヨリ 第九話
『歩かにゃそんそん徳島市・徳島県』〈後編〉

眉山
新町橋より眉山を望む

 二日目、いい日和でスタート。最後のルート『文化のみち』を歩くまえに、昨日残した三カ所に寄り道だ。

 まずは『とくしまマルシェ』だ、出店物は各農園から朝取り無農薬野菜や果物、加工食品などが軒狭しと並んでいる。中々の繁盛ぶりだ、健康志向の人が多いとつくづく思った。オレも真似て、その中の一つ「トマトジャム」に目を引かれ土産に購入する。
 

とくしまマルシェ
新町川沿いに立ち並ぶ『とくしまマルシェ』、ふれあい橋より。

 
 次に向かうのは、一〇時を知らせる『からくり時計』で「こんなものだろう」とそれなりに納得、でも、ここに来たら一見の価値ありですよ(笑)。

阿波おどりカラクリ時計
阿波おどりカラクリ時計
阿波おどりカラクリ時計
紺屋町バス停が「阿波踊りからくり時計」になっている、三カ所か阿波踊り人形が午前10時から午後8時の間、
2時間おきに出てきて踊ってくれる(笑)。

 
 そして、あの洋館へ。なんと、あの洋館は国の重要文化財に指定されている『三河家住宅』という。昭和四年、当時としては珍しいドイツ風の鉄筋コンクリート造三階建、二階には波形平面のテラスがある造りだ。一瞬の出来事なのに、どうりで印象に残るはず、素晴らしい。ただ、残念なのは一般公開はされていない事だ(涙)。
 

三河家住宅
三河家住宅は、国の重要文化財に指定されている。とくしま市民遺産にも選定。
洋館好きにはたまらない!ここは外からでも見ておくべきだ。


  よし!『文化のみち』へ行こう。このみちは、ロープウェイ乗り場より寺町界隈を歩き、JR徳島駅を目指すルート。

 「文化」と言うには少しこじつけ感があるが・・・(笑)、途中、ルートを外れるが徳島ラーメンの老舗『いのたに』を見つけた。思わず暖簾をくぐり、腹をみたすと上機嫌で「よし、これも庶民の文化だ」とバカのうすら笑いで歩き、終点の駅へ着いた。時間も一二時半だ、フェリーのデッキで呑む酒とつまみを、購入して港行きのバス乗車。

和田の屋・本店 滝のやき餅
滝のやき餅
「文化のみち」の途中にある「とくしま市民遺産」にも選ばれ、地元の人々に親しまれている「和田の屋・本店 滝のやき餅」。
お店の裏には眉山から流れる「白糸の滝」がある。
いのたに
いのたに 中華そば
徳島ラーメンの王道、老舗「いのたに」。中華そば・中盛(中盛が小盛です)500円と生玉子(ヨード卵)50円なり。

 
 三時二五分発のフェリーに乗り込むと「長声一発」を合図に、徳島港から離岸する、バカは缶ビール片手に青空の下、眉山に抱きかかえられた徳島市内の遠景を眺めて、ただ一言「いいひよりに乾杯」。
 

徳島港
帰りの南海フェリーより、夕日が落ちる眉山にカンパイ!<別日に撮影> 

 
 
おまけ

居酒屋とくさん
居酒屋とくさん
徳島の名居酒屋、「居酒屋とくさん」。
淡路地鶏の炭火焼、サイコ〜す。他にも魚介類もコスパの良く新鮮です。地酒も数多く置いてありますよ。

南海フェリーHP

南海フェリー:和歌山港~徳島港を結ぶ南海四国ライン
和歌山~徳島間を海上2時間 快適クルージング!南海鉄道と直結で関西圏も至近。観光に、帰省に、ビジネスに快適な船旅をお届けします♪家族や友達とのマイカー旅行にも最適。

『市内散策観光マップ・ぶら〜りまち散歩』

徳島市街散策観光MAP ぶら~りまち散歩 | Fun!Fun!とくしま
...

とくしまマルシェ

とくしまマルシェ-産直市 | 白いパラソルが並ぶおしゃれなフランス風の産直市です。毎月最終日曜日にしんまちボードウォーク・阿波製紙水際公園で開催しており、徳島のおすすめ観光スポットの一つです。産直市、青空市、朝市、日曜市、ファーマーズマーケット、徳島の農産や野菜が好きな方にはお薦めです。
白いパラソルが並ぶおしゃれなフランス風の産直市です。毎月最終日曜日にしんまちボードウォーク・阿波製紙水際公園で開催しており、徳島のおすすめ観光スポットの一つです。産直市、青空市、朝市、日曜市、ファーマーズマーケット、徳島の農産や野菜が好きな方にはお薦めです。

徳島 居酒屋とくさん

JR徳島駅から徒歩2分 阿波の味 居酒屋 とくさん
鮮度抜群の食材は、地元徳島の漁港から獲れたての活魚を仕入れております。 阿波尾鶏指定料理店に選ばれた、当店自慢の鶏料理も是非ご賞味ください。 旨い逸品をより引き立てる地酒も多数取り揃えております。 地元愛溢れる居酒屋で、旬の徳島を心ゆくまでご堪能ください!

 
 
前編はコチラ↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました