還暦前、写真家の「写して候・寄って候」 天皇御陵踏破の旅
第十四回 古墳時代 二六代天皇陵

五十路もなかばの頃、ふと考えた。
日本国とは何なのか、日本人とは何なのか。
その答えを探す為に、2600年を遡る時空の旅へ出た。
イデオロギーなど関係無い、ただ、今そこに残る時間の集積を写してみたい。

写真取材 赤木 賢二
 
 

三嶋藍野陵(継体天皇陵)

三嶋藍野陵
三嶋藍野陵
拝所への参道は民家に挟まれていて、お屋敷の庭にでも繋がるようだ。

 
二六代/継体(けいたい)天皇陵
和風諡号/男大迹天皇 をほどのすめらみこと
在位年/西暦五〇七~五三一
陵形/前方後円    
皇居/樟葉宮(大阪府) 筒城宮(京都府) 弟国宮(京都府) 磐余玉穂宮(奈良県)

所在地 三嶋藍野陵 大阪府茨木市太田3丁目
最寄駅 JR京都線「摂津富田」、阪急京都線「富田」から、徒歩約三〇分

 継体天皇陵は、隣の高槻市の今城塚古墳が真の継体天皇陵と言われているが、宮内庁が治定しているのは「太田茶臼山古墳」。
全長二二六m、前方部長さ一一七m、前方部幅一四七m、後円部径一三八m、高さ約二〇mで、前方部と後円部が接するところに造り出しのある立派な古墳。
 
 

 
 
樟葉宮(大阪府)

樟葉宮
樟葉宮
「樟葉宮跡」と伝えられるのは、交野天神社境内の末社貴船神社のある小丘。京阪電鉄「樟葉」より徒歩約二五分。

 
 
筒城宮(京都府)

筒城宮
同志社大学京田辺キャンパス内に「筒城宮址の碑」がある。JA学研都市線「三山木」より徒歩約二二分。

弟国宮(京都府)

弟国宮
弟国宮
京都府長岡京市今里の「乙訓寺(おとくにでら)」と、隣の「長岡第三小学校」付近が「弟国宮」伝承地とされている。
阪急京都線「長岡天神」より徒歩約二一分。

 
 
磐余玉穂宮(奈良県)

磐余玉穂宮
磐余玉穂宮は、奈良県桜井市にある。近鉄大阪線「大福」より徒歩約二四分。 歌碑から東南方向の「御屋敷」伝承地を望む。
東池尻・池之内遺跡
タイトルとURLをコピーしました