プチモフ動物探訪 行ってみたZOO〜(ぞぉ〜)
池田市立五月山動物園
ヒメウォンバット「ワイン」

mofmof推し歩きSpin-off デジタル版限定公開企画

やまんなかタヌキ監修 たびたびまたたび動物編集室
 
 

第4回 日本で2番目に小さな動物園にウォンバットが4頭!?
    池田市立五月山動物園

ウォンバット ワイン
今年1月に「ギネス認定」の世界最高齢ヒメウォンバット『ワイン』ジィ〜ジィ〜♡

住所/大阪府池田市綾羽2丁目5-33
開園時刻/午前9時15分〜午後4時45分
敷地面積/約3000平方メートル
休園日/毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその直近の平日が休園日)
入園料/無料

 大阪府の北西部にある池田市、市内南部には閑静な住宅地もありかなりセレブな町らしい〜! 阪急電鉄の創業者である小林一三や、日清食品の創業者・安藤百福もこの町に邸宅があったんだって。そんな町に「日本で2番目に小さな動物園」がある。ここにはなんと!! ウォンバットが4頭も暮らしている、西日本でウォンバットに会えるのはここだけだ〜(日本では2箇所)。
 その動物園こそ、なんと入園無料の「五月山動物園」。この動物園は1957年(昭和32年)に開園、1967年には池田市とオーストラリア・タスマニア州のローンセストン市の姉妹都市提携を記念して、ベネットワラビーが寄贈された。その後、1990年・姉妹都市提携25周年を記念して、ワイン、ワンダー、ティアの3頭のウォンバットが日本に来たのです。
 今回のプチモフは五月山動物園のスターであり長老の「ワイン」さんに合いに行く旅なのです。
 

池田駅
阪急宝塚本線・池田駅。駅前のロータリからバスが出ています、歩いても約15分ですよ。

阪急宝塚本線・池田駅からのアクセス
阪急バス 池田駅北口バスターミナル3番のりば
最寄りバス停  五月山公園・大広寺バス停
乗車時間 約10分
 

五月山動物園
五月山動物園
バス停から坂を昇ればゲートに到着。ゲート前の「五月山公園総合案内所」には、
動物たちの「おみやげ」用のおやつが売っているから買うようにね! 

ヒメウォンバット「ワイン」

生年月日 1980年1月生まれ(人間で例えるなら100歳)
出生地 オーストラリア
性別 オス

ヒメウォンバット
ヒメウォンバット
ワインさんは人間で言うと100歳だけど、とっても食いしん坊。毎日の食欲も旺盛だそうです。
ご飯の入れ物に身をのりだしていただきます!
ヒメウォンバット
遠くを見る目が少し白いですね。白内障があるらしいけどお外が大好きだもんね。今年も元気で過ごせますように。

ワインさんはタスマニア生まれ。1匹の野生のウォンバットが交通事故に合い、そのお腹の袋から保護されたのがワインさんだったらしい。その時推定10ヶ月。暫くタスマニアで暮らした後、神戸にやってきました。当時は毛色が赤茶色っぽくて、ワインの色みたいだからワインというお名前に。ワインさんはおっとりやさん。いつもマイペースでゆったりした様子を見てると、こちらものんびりした気分になれますよ。丸っこい体を揺らしながらチョコチョコ歩く姿は可愛すぎるおじいちゃん。池田の山の手で、今年ものんびり元気に過ごして欲しいな。
 
 

ヒメウォンバット 「ユキ」ちゃんと「コウ」くん

ヒメウォンバット
2016年生まれのユキちゃん。
穴掘りが得意でおてんば娘らしいけど、ただいまシエスタ。この日はずっ〜とこんな感じでした・・・。
ヒメウォンバット
ヒメウォンバット
コウくんはユキちゃんと同い年。若いふたりが展示場の両端をがっちりガード?コウくん、
端から端までトコトコ~トコトコ~足早にパトロールです!

 
 
オーストラリアからのお友達の「ベネットアカクビワラビー」と「エミュー」

ベネットアカクビワラビー
ワラビーさんもエミューさんも近いっ!エミューさんの迫力は満点です。目の美しさに吸い込まれる~~

 

アルパカ
ひつじさん、アルパカさんには「五月山公園総合案内所」で買った「おみやげのおやつ」をあげました。

 

ギャラリーアップルアイランド
園内にある「ギャラリーアップルアイランド」ではウォンバットの生態などの説明が展示されています。
ウォンバットの重さが分かるぬいぐるみ? 一度持って下さい、いがいに重いんですよ〜。

 

ウォンバット舎
これが一番のお願い〜〜! ウォンバット舎の柵に備え付けている「募金箱」、この募金で五月山動物園整備をしてるんだって。
だから、気持ちでいいので募金をよろしくお願いします!!
なんたって入園無料だから入園料だと思ってね(笑)。

 

サカエマチ2番街
帰りは池田駅まで歩くことにしました、道中のアーケード街にはウォンバットのモニュメントがありますよ!
探しながの散策とお土産購入をして楽しいプチモフ旅の終わりです。

五月山動物園

五月山動物園 公式サイト [SATSUKIYAMA ZOO] » アクセス方法
池田市五月山動物園公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました